髪を梳かす男性

知って安心フィンペシアの副作用|ぐんぐん毛が成長する薬

進化した毛を蘇らせる技術

男性医師

育毛剤や発毛剤を使った発毛は、もうなくなるかもしれません。近年進化を遂げたと騒がれている自毛植毛は、薄毛になりにくい後頭部と外側の毛を利用し、足りない分へ移植をするというもの。毛根を丁寧に植えつけることで、毛を増やすことができます。育毛剤や発毛剤だと、毛が生えるまで使用を続けるため、結果の出方に差があります。効果が出ればそれで良いですが、何十本試しても毛が顔を出さないのは別に珍しい話ではありません。こうした発毛商品はどこか自己満足な部分があるため、必ず結果が頭皮に現れるとは言い切れないのです。

自毛植毛は、毛は生えるか首を長くして待つ必要がありません。なぜならその場で毛を植え、増やすことができるからです。施術終了後、鏡で確認すると毛があるという感動を治療室で体験することができます。さらに近年は、自毛植毛技術が進化し、メスを使わない最新方法が誕生しました。本来の自毛は、専用のメスを使って切り、ピンセットを使い一つ一つ植毛しますがこの方法は頭皮に傷が残る可能性が高いため、決して良い方法ではないと言えます。一方、新しく誕生した自毛植毛は、頭皮を傷つけずにできるもので、施術で使う道具は電動パンチです。空気圧を利用し、毛根の挿入ができるため患者にとって負担の少ない施術法になります。メリットは一回で埋め込める毛根の数が多いこと、追加手術の数が多いことです。今まで行われていた方法だと、広い範囲切開することになるため、植毛に使える毛が制限されます。しかし、切らない自毛植毛はそんな事態にならないため二度三度、毛を埋め込めるのです。